みなさんの応援で成り立っています

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

本日は

 

Amazonアカウント
停止・閉鎖(削除)
知的財産権対応

 

について話を
していきます。

 

 

先日の続きです。

 

知的財産権侵害について
メーカーから直接連絡がきた場合は

 

・仕入れ先の特定

 

・正規品の証明

 

・保証を適正にうけられるかの証明

 

・販売契約を結んでいるか

 

・Amazonコンディション違反にあたる。

 

などの文章がきます。
※代表的なパターンを
いくつか書きました。

 

 

この場合は出品の取り下げや
謝罪文の送付で終わるパターンが
多いです。

 

 

やっかいなのがメーカーさんが
直接ではなく、Amazonさんを通して
入る知的財産権侵害クレームです。

 

 

 

こうなると先日の記事に書かせて
もらったメールが送られてきます。

 

 

そのメールの中でも

 

 

もちろん、真贋調査でも出てくる

「請求書」の提出が求められます。

 

 

そして、改善計画書です。

 

この改善計画書、真贋の時と
違いめちゃくちゃやっかいです。

 

・知的財産権侵害の原因

 

・その知的財産権の侵害を
解決する方法や手段

 

・今後、知的財産権を侵害しないための
予防策

 

 

をきっちりと書いて
提出しなければなりません。

 

 

これがめちゃくちゃ面倒なのです。

 

 

その侵害した知的財産権に沿った
文言で原因や解決方法、予防策が
必要ですが、これひとつじゃない
場合があります。

 

 

以前に記事でも書きましたが

 

 

例えば・・・・。

 

 

ゲームのチートソフト。
※YAMADA電機さんやGEOさんで
めちゃくちゃ安く販売されていたので
販売した人も多いかと思います。

 

 

 

これ、著作権、商標権、不正競争防止法
の3点でこられます。

 

 

 

サッカーでいうと
ハットトリック。

 

 

 

麻雀で言えば、
マンガン確定コース。

 

 

この3つに関して
原因と解決方法と予防策。

 

 

 

そうです。

 

 

 

A4サイズ3枚分くらいに

なるんじゃないか

 

というくらい書きました。

 

 

 

色々なパターンがあるので、
一概には言えませんが、

 

 

最初に決めた「初動」に
沿って、整合性を持たせたまま
納得させる文章をビジネス文章で
よどみなく書き連ねないとダメです。

 

 

 

やっちゃった・・・。
てへぺろ・・・。

 

 

みたいな文章を送ってしまうと
即アウトです。
※たまにいます。
これ系を送っちゃう方。

 

 

 

ツッコミ様のないしっかりした
文章を心がけましょう。

 

 

気を付ける部分は
最初に出した文章の整合性です。

 

 

話が変わってね?
ってなると復活までやればやる程
遠ざかります。

 

 

冷静に。

 

整合性をもって。

 

ビジネス文章で。

ツッコミ様のない文章。

 

を心がけましょう。

 

 

長くなりましたので、
本日はここまでになります。

 

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

 

みなさんにとっていい一日に
なる事を願っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆原口のブログはこちらから。

https://www.taa-netbiz.com/

☆原口たーフェイスブックの友達申請はこちらから

https://www.facebook.com/taa.h1005

☆原口たー公式LINEはこちらから

https://line.me/R/ti/p/%40ukd6574m

IDで検索する場合は

@ukd6574m

で検索をお願いいたします。

☆Twitterもはじめてみました。
日常やせどり、転売、アカウントについて
つぶやいています。
意外と人気です笑

フォローしてもらえたら嬉しいです。

メルマガの解除はこちらから
※重要※
メルマガの配信停止や解除は
受信者さんからしていただかないと
停止・解除ができません。

お手数ですが、下記よりお手続きを
お願いいたします。

☆メルマガ解除はこちらから
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=JqOpdHSxehttps://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=JqOpdHSxe